このページではJavaScriptを使用しています。

国内・国際税務、農業の会計・税務コンサルティングを行う税理士法人 成和。

 

HOME > 税理士法人 成和新着情報

  • 成和グループ各社
  • 税理士法人 成和
  • 成和ビジネスコンサルティング
  • 上海成和ビジネスコンサルティング
  • ベトナム成和ビジネスマネジメント

税理士法人 成和新着情報

仮想通貨の消費税法上の取り扱い

  ビットコインに代表されるような仮想通貨の売買は、消費税法上、現在では「支払手段」の譲渡に該当します。そのため、国内において事業者が行う仮想通貨の譲渡については、非課税取引として消費税を課さないものとされています。

 平成29年度税制改正前においては、仮想通貨に関する特段の規定が存在しなかったことから、仮想通貨の譲渡は、資産の譲渡等のうち消費税を課さないこととされるもの以外の譲渡として、課税取引とされていました。しかし、平成29年度税制改正により平成29年7月1日以後、仮想通貨は、従前より非課税の対象であった硬貨、紙幣、小切手及び約束手形等と同様に、消費税法第6条第1項の規定により消費税を課さないこととされる「支払手段(ただし、記念硬貨に代表されるような収集品及び販売用のものを除く。)」に含まれ、その譲渡については非課税取引と取り扱うこととされました。
 
 また、仮想通貨の譲渡対価は、課税売上割合(課税期間中の課税売上高と非課税売上高の合計額のうち、課税売上高の占める割合)の計算から除外されることとなります。これは、支払手段の譲渡は課税売上割合の計算には含めないとされている消費税法施行令第48条第2項第1号の規定に則した取り扱いとなります。
 
 なお、施行日前の平成29年6月30日以前の仮想通貨の譲渡については、課税取引とされ、かつ、課税売上割合の計算上、その譲渡対価は分母と分子のいずれにも含まれることに注意が必要です。
 
 
【国際税務教室】 租税条約の適用手続き(租税条約に関する届出書) 

  非居住者又は外国法人(以下「非居住者等」とします。)に源泉徴収の対象となる国内源泉所得を支払う場合、租税条約により源泉徴収税額が軽減もしくは免除(以下「租税条約による減免」とします。)されることがあります。租税条約による減免の適用については、何ら特別の手続きをすることなく自動的にされるものではなく、所定の手続きを行う必要があります。

 我が国の場合、租税条約による減免を受けるためには、①支払の前日までに、②非居住者等が「租税条約に関する届出書」(以下「届出書」とします。)を、国内源泉所得の支払者を通じて、その支払者を管轄する税務署長に提出することが必要となります。したがって、原則的には届出書の提出がない場合には、減免なく国内法に規定される税率が適用されます。その場合においても、後日、非居住者等が届出書と共に「租税条約に関する源泉徴収税額の還付請求書」を支払者を通じて提出することにより、減免される税額との差額の還付請求ができます。
 
 これらにおいてはいずれも届出書の提出が必要とされ、当該届出書の提出者が支払者ではなく支払を受ける非居住者等であることに注意が必要です。ケースによっては、非居住者等が日本の課税当局に提出する届出書への署名を拒むなどして、届出書の提出ができない場合も想定されます。そのような場合は租税条約による減免の適用ができません。海外との契約は一般的に手取保証契約(グロスアップ契約)であることが多く、その場合には、非居住者等の手取額は租税条約による減免の適用の有無とは関係なく、契約金額の保証がなされます。他方、支払者の負担は(手取保証をすることにより)税が減免されない分だけ増額することになり注意が必要です。
 
 
【国際税務教室】 非居住者等への支払に対する源泉徴収と租税条約

  海外に所在する企業に対して支払をする際、源泉徴収の取扱いに注意を払う必要があります。

 所得税法によれば、非居住者又は外国法人(以下、「非居住者等」とします。)に対して、国内において源泉徴収の対象となる国内源泉所得の支払いをする者は、源泉徴収を行い納付する義務があるとされています。したがって、非居住者等への支払に際しては、当該支払が、①源泉徴収の対象となる国内源泉所得に該当するか否か、対象となるとすれば、②源泉徴収税率は何%かといった項目について、所得税法上の取扱いの整理把握が必要となります。

 ①についてみれば、対象となる所得は所得税法第161条の4号から16号(※1)に掲げられる所得とされますが、一般的には利子・配当・使用料といった「投資所得」や人的役務の提供対価や給与等の「勤労性所得」が対象とされることに注意が必要といえます(※2)。②の税率をみれば、原則的には20%の税率(含、復興特別所得税20,42%)が適用されます(※2)
 
 他方、非居住者等の居住地国と日本との間に租税条約が締結されている場合には、条約の定めるところにより上記の所得税法の適用が制限されることがあります。すなわち、上記にみた源泉徴収税額は、条約の定めに従って免除もしくは軽減されることがあります。このように、非居住者等に対して投資所得や勤労所得等の支払を行う場合には、所得税法上の取扱いを確認した後に、それが租税条約によりどのように修正されるかといった点についての検討が必要となります。
 
 (※1)   外国法人に対する支払は12号(給与)を除きます。
  (※2)   その他の所得、税率も存在します。

詳しくは、国税庁HP(https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2884.htm)を参照ください。
 

 

 
【国際税務教室】 消費税の輸出免税及び国外取引の取り扱い

  多くの企業が国境を超えた取引を行う中、消費税の課否判定に迷う場合が少なくありません。

 消費税法上、事業者が国内において商品等を販売する(以下、「資産の譲渡等」とします)場合、当該資産の譲渡等は消費税の課税対象の取引となります。他方、国外において行う資産の譲渡等は消費税の課税対象外の取引となります。資産の譲渡等が国内もしくは国外いずれにおいて行われたのかの判定(「内外判定」と呼ばれています)についてみれば、資産の譲渡を行う取引の場合は、原則として、譲渡時にその資産が所在していた場所により判定を行うことになります。したがって、例えば、国外の取引先に対し日本に所在する資産を譲渡する場合、当該取引は国内取引として、原則として消費税の課税取引となります。しかし、輸出される物品等については国境間税調整を行うことが国際的慣行となっており、わが国においても、国内で行われた資産の譲渡等の中で当該取引が輸出取引等に該当する場合には、消費税が免除されます。一般的に「輸出免税」と呼ばれるこの取り扱いの適用を受けるためには、①消費税法において定められた輸出取引等の範囲に該当すること、②消費税法において定められた輸出取引等の証明がされたものといった条件を満たす必要があります。国外の取引先との取引であれば、無条件に輸出免税が適用されるということではなく、適用には条件があることに注意が必要となります。
 
 他方、取引先に国外に所在する資産を譲渡するといった取引も散見されます。当該取引は消費税法上、国外取引として不課税取引となります。この場合、取引相手が国内の取引先であったとしても、譲渡時の譲渡資産の所在が国外であれば消費税の課税対象外の取引となります。
 
 
【国際税務教室】 現金等の海外への持出し(海外からの持込み)について

  現金を持参し出入国する場合、何らかの手続を行う必要があるか否かについて迷う場合があります。わが国における出入国時の現金等の持出し(持込み)について見れば、100万円を超える現金や有価証券等を携帯して出国又は入国する場合には、事前に税関への申告が必要となります。具体的な取り扱いは、以下の通りです。

 関税法第67条及び外国為替及び外国貿易法(いわゆる「外為法」)第19条第3項の規定によれば、携帯する現金、小切手及び約束手形といった支払手段、又は国債や株式等の有価証券の合計額が100万円(※1)を超える場合には、税関へ「支払手段等の携帯輸出・輸入申告書」の提出が必要とされます(※2)。この場合、小切手には旅行小切手(トラベラーズチェック)が含まれることに注意が必要です。また、これら支払手段又は有価証券には日本通貨や日本通貨建てのものだけではなく、外国通貨及び外国通貨建てのものも含まれることにも注意が必要です。その場合、日本通貨への換算は「申告の日の属する週の前々週における実勢外国為替相場の当該週間の平均値に基づき税関長が公示する相場」にて換算することになりますが、当該換算レートは税関のHP(http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/kawase/index.htm)にて確認することができます。
 
 申告の義務があるにも関わらず申告をしないで出入国をした(しようとした)場合や、虚偽の申告により出入国をした(しようとした)場合には、罰則(5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金、又はこれらの併科)が課されることもあることから、申告を怠らないよう注意が必要です。
 
(※1)北朝鮮を仕向地とする輸出にあっては10万円
(※2)純度90%以上の金の地金1㎏超の場合にも申告が必要です。